私の趣味ついて熱く語りたいと思います。

私の趣味は、相撲を見ることです。相撲を好きなるきっかけは、引退してしまった稀勢の里関がきっかけです。当時学生で進路に悩んでいたころに、同世代力士として活躍していたかれの姿を新聞を読み、その記事を読んでから、彼のことに興味が出てきて、彼のことを調べていくうちに興味深くなりました。私が悩む度に、彼の活躍を読む記事を見る度にこんなところでは挫けては行けないと何度も思って、私も頑張らないとって励まされました。自分より大きな力士に立ち向かっていく姿を見ると、彼の強さを感じました。いつも、スピードがあり、力強い右からの投げ技や左からの攻めをみたら、考えながら土俵の上で瞬時に戦い方を変えてるんだと思ったら、相撲がすごく面白くなりました。一瞬で終わってしまうから、その勢いに飲まれないように、冷静に判断し、攻撃を交わして、逆についたり、運までも味方につけなければ行けないのかと言う場面を見るたびに、心の中が熱くなって来ます。現役中に親方がなくなって、部屋を移らなければなくなったときだって、大変なときなのに、出場だって危ぶまれたのに、それでも、なんなく困難を乗り越え、結果を出してきました。そんな姿を見る度に、応援しなくてはと思う気持ちになりました。私は、人を応援できることや、勇気やパワーをいつも貰って私も一緒に強くさせて貰っていました。体重が関係ない競技だから、本気でぶつかり合って、怪我をしないか、いつ怪我をしても可笑しくない状況で、15日間を戦いきる姿には、いつも惚れ惚れしていました。そんな中で、優勝がかかった一番に怪我をしてしまい、次の日の出場が危ぶまれる中で、出場し、優秀することが出来ました。彼が、横綱になったときは、とても嬉しかったです。どこにいっても稀勢の里関フィーバーで、号外が配られたり、地方紙が配られたり、スーパーでは、稀勢の里関のちゃんこのカップラーメンが売られて、買いに行ったら、完売してしまって買えなかったです。ずっと応援してきたから、引退してしまったときは、悲しくて、この世の終わりかと思うくらい泣きました。これまでずっと支え続けてもらっていたので、彼には沢山の感謝しかないです。今は、親方として親方のお仕事を全うしていて、大相撲場所があると、取り上げてもらえて、親方としてのお仕事もしている姿を見られるだけで、とても嬉しいです。これからの活躍も、沢山見守っています。親方としても応援していますし、追いかけて行きたいと思います。まだまだ、私の人生のなかには、稀勢の里関への愛が溢れています。

ポリピュアEXの解約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です